2011年でBSも無くなるらしい

地上波はデジタルに向けて転化が徐々に始まっています。BSもデジタル化しいまの放送は打ち切られるようです。
携帯電話で見ることの出来る 「ワンセグ」なんかもこの尖兵として知名度を上げてゆくようです。
電波の有効利用の為の方策として必要なのだそうですが、チャンネル数を増やせることにそれほどのメリットがあるのでしょうか?
 
すでに、CSの衛星が軌道を廻っており、100chを超えるチャンネルがアンテナを立てて申し込むだけで視聴が可能です。
モバHO!という媒体も、ワンセグ相当の放送を数チャンネル放送しています。
じゃあ、何故地上波なんだ?となるのですが
全ては、地域性の問題で片付けられることなのでしょうか?
今でも、東京以外の地域では 東京キー局と地方局の混合でテレビはもっぱら放送されます。
勿論、東京キー局の作った番組に視聴率の集まる物が多いのは当然。予算が大きく違う上に多くのタレントが東京に住んでいて出演するわけですからそうなります。
勿論、一部の地方番組で人気のあるのがあるのも事実ですが 実際問題大阪に住んでいても全国ネットの番組が多いことはひしひしと感じます。
当然配信を受けているわけですから、その使用料を支払い放送します。
その支払い方法は、全国ネットのCMを入れたりという形で。
また、地域に合わせたCMの放送スケジュールを詳細に作ったりすることは出来ないので全国ネットの番組に大手企業はCMを入れる。そういった循環になってしまうわけです。
現に東京の女子アナの名前は知っていても、地方局の女子アナの名前が出てこないのですから・・・・(某、寝起きサイトにて)
 
この状態で地域性を残す為に 地上波のネットワークの重要性を語る辺りに無理があると思ったりするわけですが・・・・
特に、小さな地域でやっている 例えば地域名の付いたテレビ局の多くは赤字経営を続けています。
つまり、これ以上チャンネル数を増やしても放送できる体力を持っているのはやはり・・・
CSにおいても、数多くのチャンネルがありますが ジャンルが細かく分かれ過ぎていて 一般性を欠き一つのチャンネルが大きな収益を上げれる構造ではなくなってきているように思います。
WOWOWやスターチャネルのような映画やコンサートの放送に特化したチャンネルも、インターネットのオンデマンド放送が普及すれば見たい時間から見れるほうが便利なことは間違いありません。
CSに対抗する為に地上波のチャンネルを増やすことが必ずしも対抗策になりえない時代にあるような気がします。
 
なんとなく無理のある延命策に見えてしょうがないのですが・・・・