到着しました!!

人よりわずかに何日か速く商品を手に入れるのは嬉しいことです。
あんまり書くと、アイオーデータにレポート書くときに書くことがなくなってしまうので少しだけ。
Oneseg USBチューナーの新型GV−SC200の モニター機がやってきました。
有償ですがかなり安い金額で入手し出来たのでラッキーでした。
なにより待ち構えていたのが、全部いりで使いやすいSEG CLIPだったのですが今となってみると他社のものより大きいのが玉に瑕。
感度も満足できるものでしたのですが、やはり携帯レベルで室内で映ること自身がアナログチューナーでは考えられなかったのですが、3面をモニターに囲まれると言う環境の私の部屋では 映るチャンネルと映らないチャンネルは五分五分というところ・・・
私が言うのも何なのですが、購入すれども使い道を見出せない私に比べて 会社の人たちはうまく使いこなしてテレビをみています。
毎日3つのチューナーをもって尚使えないのは悔しい限り。
ここで逆転ホームランが出るかと、Segclipの新型にかけてみたのですが(その前に使い道で勝とうよ・・・)
 
細かい話はともかく、今回の期待は小型化とブースター付きの回路で電波の弱いところでも使えると言う性能。
今までの方で比較してみると・・・と言いたいところなのですが インストールした途端に古い機種のアプリケーションが強制的に消されてしまいました。
めげずにインストールして使ってみると、やはりブースター効果なのかかなりアンテナの本数が増えてくれます。
携帯電話でアンテナ二本、EM・ONEで一本が消えそうなところで5本(最大本数は機種によって違います)付いている状態は優秀です。
画質は、補完処理が付いている分携帯電話よりよく、CPUの処理速度に余裕があるのでブロックノイズはEM・ONEより少ない(これは受信したデータの関係かもしれません)という感じです。
勿論ワンセグですから画質はそれなり・・・・
 
小型化もバッファロー並みとは言わないまでも、他社よりは小さい。
アンテナも二段から4段に増えそれも感度に効果を与えるのでしょう。
家の中で使う為のアンテナ変換ユニットも入っているので、F型の接線変換プラグが付いているので一般的なテレビのアンテナ線をワンセグ用のアンテナとして流用することも出来ます。
かなり良く考えられてきています。
使い道はと聞かれると困るのですが、商品価値はぐっと上がったようです。
さあ、レポート用にいじめるテストしなければ・・・