SlingBox hdの出力端子

SlingBox Pro HDには出力端子がついています。
これは、入力端子の出力をそのままパススルーする端子のようです。
例えば、チューナーからのテレビへの出力を抜いて SlingBoxの入力側刺すとテレビでみることができなくなってしまうので
出力側の端子につないだケーブルをテレビに差しこむのです。
これでテレビの出力を止めることなくSlingBoxが使えるわけです。
そしてSlingBoxの電源が入っていないときにも、チューナーからの信号はそのままSlingBoxを経由して間に何も挟まっていないかのように動作します。
 
では・・・となるのですが
例えば通常のコンポジット(いわゆる ピンプラグ三本)の入力に対してはピンプラグの出力。
S-Video端子の入力は、S-Video端子の出力に。
と1対1の対応なのです。
一般的なセレクター等ではコンポジット出力で同じなのでピンプラグとS-Video両方に出てたりするのですがそうでもないようです。
また、コンポーネント端子(一般的に言うD3とかの端子)の入力をコンポジット系に変換もしてくれないので
「テレビとSlingBoxの入力端子は同じに合わせる必要がある」わけです。
例えば古めのテレビなどで 入力がコンポジット(ピンプラグの)しかない物の場合
たとえSlingBox Pro HDを持っていてもフルHDの能力を生かす事が出来なくなります。いわゆるSoloでもよかったんじゃない?と言う事になってしまいます。
最近まではチューナーは、表示用と録画用と二系統出てたのですが 最近はそれも著作権に配慮してか1系統しかついていないという物がほとんど。
Pro HDを買ったらテレビまで買い変えないと
「もったいない」とどこかのテレビのCMのように言われてしまうわけですね・・・